富士の見える梅園(甲府市奥村不老園)

                     不老園のおいたち
 不老園は、JR中央線酒折駅から5分。甲府市東部山つきの総面積5万平方メートル
におよぶ広大な山地に、明治30年、甲府市内に住む呉服商の七代目奥村正右衛門が
別荘として開園したもので、氏は北海道を除く全国を行脚して、特に九州地方から紅梅、
小梅、夫婦梅、ブンゴ梅などを持ち帰ってはこの園に植えつけたと言う。山を切り崩し、
谷を生かし、池をつくり、その周辺に20数種類3,000本の梅と桜、牡丹、南天、赤松、ツ
ツジなどを植栽して、庭づくりに専念することおよそ30数年。晩年は自然を友としておく
り、対象13年に86歳でその生涯を閉じた。
 その後、園は5人の子息によって受け継がれたが、恒久的な維持を図るために、昭和
40年に財団法人「奥村不老園」となった。
 不老園の名のいわれは、中国の古事「不老の門を入り奇岩・銘木の間を逍遥して長生
の庵に至る」にならって入口に大門を建て梅園を不老園と称した。また、池を逍遥の池、
池畔の庵を長生園と呼んで観梅の客を招き、以来甲斐路の梅の名所として有名になっ
た。                                              MAP