天神中條天満宮の「春の香り菜の花」

 天神中條天満宮に隣接する「菜の花」は、「菜の花エコロジー」のための畑です。
 それは
 1.休耕田の有効利用と美しい景観の創造 
 2.菜の花の収穫と搾油体験 
 3.廃油を回収し、環境に負荷の少ないディーゼル燃料を作るという壮大な計画です。
しかし、これは夢物語ではありません。今、山梨県増穂町で進められている「地域資源エネルギービジョン策定委員会」では、こうしたスペースふうの活動をベー
スにして、行政とNPOとが協働し、ディーゼル燃料化システムの未知を示しています。山梨県内では初めて町の公用車にBDF(バイオディーゼルフューエル)を導
入しました。そんな夢のある「菜の花」畑が今、満開で美しい景観を見せています。


次のボタンほクリックするとスライドショーがスタートします。