中国・四川省
臥龍パンダ保護研究センター


 臥龍パンダ保護研究センター(臥龍熊猫保護中心)は、成都市の北西130km、標高1800mの場所にあり、周辺を深い山に囲まれたパンダの故郷の中にあり、現在120頭
が飼育されているそうです。
 昨晩宿泊した臥龍で一番大きいホテル「臥龍山荘」からは、車で5分ほどの所に「臥龍パンダ保護研究センター」はありました。ガイドから受け取ったチケットは入場料130
元でした。センター内には1歳以下のパンダを集めた「パンダ幼稚園」があり、無邪気に遊びまわるかわいい子パンダが柵越しですが、比較的近くで見ることができました。
 センターの一番奥で、パンダと記念写真を撮ることができました。1カツト200元で、カメラ持ち込みでガイドに撮ってもらいました。モデルは1歳のパンダでしたが、朝食後
の気分のリラックスしている時間帯だけだそうです。少し前まではパンダを抱いての撮影もあったそうですが、現在は食事中のパンダと並んでの撮影になっています。なお、
撮影場所に入る場合は靴を消毒後にビニール・カバーを掛け、手袋をつけての入場となりました。




臥龍パンダ倶楽部へリンク