六斉ギャラリー つるし雛展

 「六斎ギャラリー」は、山梨県増穂町青柳にある「萬屋醸造店」に併設されているギャラリーです。
 「萬屋醸造店」創業210余年の歴史を有し寛政2年(1790年)にまで遡ります。初代当主・萬屋八五郎が、現在の地に酒蔵を開き「一力正宗」が誕生し、以来、現在に至るまでその酒の味の優雅さを脈々と伝統として受け継がれています。

 創業以来「一力正宗」の名で親しまれてきた酒銘は昭和8年(1933年)、6代目当主・中込旻の弟、フランス文学者・中込純次と文学交流を通 して交友の深かった歌人、与謝野鉄幹・晶子がこの蔵に宿泊した折、そのたたずまいと優雅な酒の味を讃え晶子が詠じた和歌は「法隆寺などゆく如し甲斐の御酒(みき)春鶯囀のかもさるゝ蔵」というもので、この歌に感動した6代目当主・中込旻が、創業よりの「一力」の酒銘を「春鶯囀」へと改名し今日に至っています。

 甲斐の銘酒「春鶯囀」をもつと知りたい方は、「春鶯囀」をクリツクしてください。
 アクセス



次のボタンほクリックするとスライドショーがスタートします。